HOMEへ戻る 柊優プレゼンツ
SEO講座
HOMESEO講座>タイトルタグ/見出しタグこそ全ての原点

タイトルタグ/見出しタグこそ全ての原点。

タイトルタグ<title>こそ、SEOの全ての原点です。

タイトルタグは、当然、ページごとにタイトルをそれぞれ付けるべきです。
なぜなら、SEOで絶対的に重要視されるから。SEOの5割はタイトルで決まります。

また、「お気に入りに追加」を行った時にも、タイトル名で保管されますが、
その際、同じ名前のタイトルページが二つあると上書きしてしまう危険性がありますので、
そういったケースを回避するためにもタイトルはページごとに変えるべきです。

検索エンジンのスパイダーが最も重要視するのが、タイトルタグです。
考えてみれば、そりゃそうですね。
タイトルというのは、そのページがどんなものであるか、を一言で表すコトバですから。

ただ、タイトルタグが原点だからといって、何でもかんでも記載していると、
後々スパム扱いとなる場合もあるので、注意して下さい。

また、例えば、「クロスタショップ 車の専門店」とやるよりは、
「車の専門店 クロスタショップ」とやる方が、
キーワード効果(つまり、車)が高まる、とされています。
というのも、ロボットは最初の方の単語ほど重視するからです。

「クロスタショップ」みたいな店名しか書いてない場合は、もうアウトです。
いくら、ページに内容が書いてあるからといって、タイトルに盛り込まないと、
検索エンジンからのユーザーがサイトに来てくれません。
だって、「クロスタショップ」では、何のサイトなのか、全然分かりませんから。

タイトルタグに入れるタイトルは端的にそのページを示すコトバである必要があります。
あなたのサイトの、それぞれのページのタイトル、本当に適正かどうか、
今一度考えて見ましょう。


見出しタグのホントのトコロ

見出しタグとは、<h1>〜<h6>までのタグのことです。
<h1>の重要度が最も高く、<h6>が一番低い構成になっています

この見出しタグについても、検索エンジンはランク付の参考にします。

だからといって、これまた、<h1>タグのみで気持ち悪い程、
サイト作成している場合がありますが、意味がありません。
見出しタグはあくまで相対的なものです。

当たり前の話ですが、
同じページに<h1>タグが2回出て来る事はあり得ません
だって、大見出しを2回も使うサイト構成は変でしょ?
<h1>タグばかり使っていると、しまいにはスパム認定される可能性もあります。
また、<h1>タグは一番最初です。<h2>の後に<h1>タグはあり得ません。

また、<h1>タグを1回のみ使うのは効果が薄い場合があるようです。
<h1>と<h2>、出来るようなら<h3>くらいまでを
1ページ内で使うのが検索エンジンには受けが良いみたいですね。

あと、<h1>タグは、そのままではサイトのデザインをブチ壊す場合が多いので、
CSSで定義を変えておくのが良いと思います。
当サイトは、<h1>を太字+オレンジの下線、<h2>を太字+緑の下線、として
全体のデザインに統一感を出すようにしています。

一応、当サイトのCSSソースを記しておきます。あなたのサイト用に適宜変更してみて下さい。
<h1>タグ:
h1 { color: #333; font-size: 12px; font-weight: bold; line-height: 100%; border-bottom: 1pt solid orange }

<h2>タグ:
h2 { color: #333; font-size: 12px; font-weight: bold; line-height: 100%; border-bottom: 1px solid olive }

<h3>タグ:
h3 { color: #333; font-size: 12px; font-weight: bold; line-height: 100%; border-bottom: 1px solid #4367c0 }

次の講座は、

【CROSS-STYLEとは】
「ウェブデザインとインターネットマーケティングの繋がりを解説したサイトがこれまでにあっただろうか?」
CROSS-STYLEは、そんな小さな「?」から生まれた、クールなウェブデザイン講座とネットマーケティング・SEO講座をメインとしたサイトです。

【お役立ちツール一覧】

【Googleサイトマップを簡単に作る方法】
サイトマップラス(100ページ以下のサイトのみ)

Powered by SEO対策

500ページ以下のサイトは、Googleサイトマップの登場による、SEOの大変革の一番下に記載したGoogle Sitemap Generatorを活用下さい。


【外部リンク先を知る方法】
Yahoo!Site Explorer(yahoo.com)
Yahoo!でどこからリンクされているかを知る方法。
グーグルは、グーグルアカウントを取得し、ウェブマスターツール>サイト選択>サイトへのリンク、で外部リンクを確認出来ます。


【検索需要の総数を知る方法】
キーワードアドバイスツール(無料登録ドットコム)
オーバチュア(現在消滅)情報を元に、需要と供給の指数であるKEIを知るためのツール。
キーワード最適化ツール(グーグル)
グーグルによる「検索用語」についての情報を知るためのツール。


【超速で上位表示を可能にする魔法】
Yahoo!ビジネスエクスプレス
「ヤフカテ登録サイト」になれる!
クロスレコメンドJエントリー
カテゴリ登録申し込みをして、ウェブの更なる価値向上を!個人非営利サイトでもOK!


【オススメアフィリエイト】
A8.net(ジャンルの豊富さNo.1!)
バリューコマース(何故か成約率高し!)
リンクシェア・ジャパン(大手企業がズラリ)
アクセストレード(稼ぎ頭と言えばココ!)
バナーブリッジ(2ティアを狙うなら!)
アドリンク(ちょっとだけマニアック?)
インフォカート(情報商材を売るなら!)

【CROSS-STYLEの人気コンテンツ】
アフィリエイトでプラス10万円を目指す旅
自分の大切なウェブサイトが収入を生んでくれる、これ以上の興奮と感動はありません。あなたのウェブサイトを、収入を稼ぎ出すクールウェブに!

最終結論!ドメインとレンタルサーバの最適解!
世界に一つしかない、「あなただけのサイト」を持つためのアドバイス決定版!ドメイン取得の裏事情や、レンタルサーバを借りる際に考えるべきTipsを一挙大公開!

【オススメ本ジャンル別】
ウェブデザイン
HTML/CSS
インターネットマーケティング
SEO/SEM
ウェブサイト総論
アフィリエイト

【リンク集】
ホームページ作成に役立つリンク集
サイト作成のヒントは、きっとここにある!

相互リンク募集してます!
あなたのサイトとCROSS-STYLEを、相互リンクしましょう!ホームページ作成やアクセスアップ、SEOなどなど、インターネットに関わるサイトを大募集しています!

【メールはこちらまで】
「これの解説をもっと詳しく!」「これが分からない」「ここはこうしたら?」などなど、質問・感想・激励・叱咤・クレーム(笑)は、柊優にメールを!アドレスは、site(アットマーク)cross-style.comです。((アットマーク)の部分を@に直して送って下さい)

ワンポイント画像

更新が無いウイルス対策ソフトと言えば「ZERO」!
柊も使っているVaioTypeTがはソニースタイルで!
WebデザインにはAdobeソフトがオススメ!



クールなウェブデザインと圧倒的なマーケティングテクニックを手に入れる術、
全ては今、CROSS-STYLEから始まる・・・

Copyright (c) 2006-2009 CROSS-STYLE All Rights Reserved.