HOMEへ戻る 柊優プレゼンツ
SEO講座
HOMESEO講座>Googleサイトマップの登場による、SEOの大変革

Googleサイトマップの登場による、SEOの大変革

これは、まだ余り知られていませんが、
Googleサイトマップというものが登場しました。
(閲覧するには、GoogleのIDが必要です)

実は、これ、今までのGoogleに対するSEO対策を根底から覆しかねない程の威力があります

というのも、これまでのSEO対策は、
ロボットがTITLEタグや見出し<hx>タグ、強調タグ、外部リンクなどの項目を
アルゴリズムの中で計算して、検索結果に出していました。
つまり、ロボットが読み込みに来るのを「待つ」だけでした。

しかし、このGoogleサイトマップを使うと、言わば「攻め」に転じる事が出来ます。
自分から「うちのサイトのサイトマップはコレですから、よろしく!」といって、
Google側に投げる事が出来るからです。

どう考えても、これは凄い事です。
「リンクが100以上だとグーグルのロボットは読み込んでくれない、、、」
「動的ページを静的ページに変えなきゃ、、、莫大な作業量だよ、はあ、今日も徹夜か」
といった事態を消し飛ばす事が出来ます。


Googleサイトマップの説明

さて、では実際に、どうやってあなたのサイトを登録させればいいのか?
これについては、Googleの記述を抜粋してみましょう。

Googleサイトマップ(Beta) ヘルプ:サイトマッププロトコルを使用する場合

サイトマッププロトコルを使うと、ウェブサイト内のクロールさせたいURLを検索エンジンに
知らせることができます。サイトマッププロトコルを使用した場合は、
サイトのURLリストを含む簡単な形式のXMLファイルでサイトマップを作成できます
このプロトコルは高い拡張性を持つため、どのような規模のサイトでも使用できます。
また、最終更新日、更新頻度、URLの優先度など、各URLの詳細情報を含めることが
できるため、検索エンジンでサイトをより正確にクロールできるようになります。

サイトマッププロトコル形式は、XMLタグで構成されています。
サイトマップのすべてのデータ値はエンティティのエスケープ処理を行い、
ファイルはUTF-8エンコードで作成する必要があります


ただ、この注意事項も気に留めておいて下さい。
このプロトコルを使用しても、ウェブ ページが検索インデックスに必ず登録されるわけではなく、Google でのページの掲載順位に影響を与えることもありません。


GoogleサイトマップのXMLデータの作り方

さて、ここまでで、
1.グーグルへ差し出すサイトマップは、XMLという形式で作らないとダメ
2.サイトマップを登録したからといって、掲載順位に影響は与えない
という事が分かりました。

※2についてですが、実際には影響はあるでしょう。
これまでインデックスされていないページが増えれば、それだけ検索ヒットしやすくなりますから。

「XMLって何だよ〜?難しいんじゃないの?」という疑問が湧くかと思います。
で、実際、クロスタで作成してみたのですが、大体このサイトの規模で30分程度です。
もちろん、手作業でやりましたので(XMLは余り詳しくないからです)、
プログラム等で一括でサイトマップが生成出来るものがあれば、そちらを使った方が良いです。

で、実際のコードなのですが、

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<urlset xmlns="http://www.google.com/schemas/sitemap/0.84">
<url>
<loc>http://www.cross-style.com/</loc>
<lastmod>2006-01-01</lastmod>
<changefreq>monthly</changefreq>
<priority>0.8</priority>
</url>
</urlset>

これが、実際のコードになります。

それぞれのコードを説明しましょう。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<urlset xmlns="http://www.google.com/schemas/sitemap/0.84">
→グーグルに読み取らせますよ、というメッセージです。変更してはいけません。

<url>
<loc>http://www.cross-style.com/</loc>
<lastmod>2006-01-01</lastmod>
<changefreq>monthly</changefreq>
<priority>1.0</priority>
</url>
→クロススタイルのトップページを登録して下さい、という意味です。
<lastmod>2006-01-01</lastmod>:
ファイルの最終更新が2006年1月1日に行われました、という意味。
<changefreq>monthly</changefreq>:
更新の頻度を表します。monthlyは月ごと、という意味ですね。
<priority>1.0</priority>:
そのファイルの重要度を表します。0.1〜1.0まで指定出来ます。
ファイル内での相対評価ですので、全部1.0にしても意味はありません。

もし、ページを増やしたければ、url要素を増やして下さい。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<urlset xmlns="http://www.google.com/schemas/sitemap/0.84">
<url>
<loc>http://www.cross-style.com/</loc>
<lastmod>2006-01-01</lastmod>
<changefreq>monthly</changefreq>
<priority>1.0</priority>
</url>
<url>
<loc>http://www.cross-style.com/seosem/index.html</loc>
<lastmod>2006-01-01</lastmod>
<changefreq>monthly</changefreq>
<priority>0.8</priority>
</url>
</urlset>

ソフトはシンプルにメモ帳を使用した方が良いと思います。
というのも、「名前をつけて保存」をかけた時に、文字コード「UTF-8」にスラっと変換出来る
身近なソフトは、意外にもメモ帳くらいしか見当たらないからです。

そうして、UTF-8コードで保存したサイトマップは、
自分のサイトの最上位に位置するディレクトリのアップロードした後、
Googleのサイト管理画面から入って、読み取るように指示して下さい。

感覚的ですが、サイトマップは24時間以内には登録されるみたいです。

ちなみに、クロスタのサイトマップはコレです。
こんな風に、直接URLを打ち込んで、表示されなければ、
おそらく文字コードがUTF-8になっていないので、メモ帳の保存を再度行って下さい。

Googleサイトマップ対策は、今後、必須のSEO項目になります。
これが出来るかどうかが今後サイトの命運を分けると言っても、過言ではないでしょう。

Topics:ツール、見つけました。
英語のサイトですが、グーグルサイトマップをカンタンに作成出来てしまうツールを見つけました。

Google Sitemap Generator

このサイト、全て英語ですが、やり方はカンタンです。
左上のURL入力欄に、URLを入力して、「Create Map」のボタンをクリックします。
その後、検索が始まります。ファイルが多いと、時間がかかりますので、のんびり待って下さい。
そして、ファイルの検索が全て終わると、日付とプライオリティを選ぶ項目が出て来ます。
それぞれ、あなたのサイトに合ったものをチョイスして下さい。

その後、「Google Sitemap」というボタンをクリックすると、xml用のソースが出て来ます。
それをコピーして、メモ帳に貼り付け、適当に名前を付けて(sitemap.xmlとかでいいでしょう)、
それをグーグルに読み取らせて下さい。

次の講座は、

【CROSS-STYLEとは】
「ウェブデザインとインターネットマーケティングの繋がりを解説したサイトがこれまでにあっただろうか?」
CROSS-STYLEは、そんな小さな「?」から生まれた、クールなウェブデザイン講座とネットマーケティング・SEO講座をメインとしたサイトです。

【お役立ちツール一覧】

【Googleサイトマップを簡単に作る方法】
サイトマップラス(100ページ以下のサイトのみ)

Powered by SEO対策

500ページ以下のサイトは、Googleサイトマップの登場による、SEOの大変革の一番下に記載したGoogle Sitemap Generatorを活用下さい。


【外部リンク先を知る方法】
Yahoo!Site Explorer(yahoo.com)
Yahoo!でどこからリンクされているかを知る方法。
グーグルは、グーグルアカウントを取得し、ウェブマスターツール>サイト選択>サイトへのリンク、で外部リンクを確認出来ます。


【検索需要の総数を知る方法】
キーワードアドバイスツール(無料登録ドットコム)
オーバチュア(現在消滅)情報を元に、需要と供給の指数であるKEIを知るためのツール。
キーワード最適化ツール(グーグル)
グーグルによる「検索用語」についての情報を知るためのツール。


【超速で上位表示を可能にする魔法】
Yahoo!ビジネスエクスプレス
「ヤフカテ登録サイト」になれる!
クロスレコメンドJエントリー
カテゴリ登録申し込みをして、ウェブの更なる価値向上を!個人非営利サイトでもOK!


【オススメアフィリエイト】
A8.net(ジャンルの豊富さNo.1!)
バリューコマース(何故か成約率高し!)
リンクシェア・ジャパン(大手企業がズラリ)
アクセストレード(稼ぎ頭と言えばココ!)
バナーブリッジ(2ティアを狙うなら!)
アドリンク(ちょっとだけマニアック?)
インフォカート(情報商材を売るなら!)

【CROSS-STYLEの人気コンテンツ】
アフィリエイトでプラス10万円を目指す旅
自分の大切なウェブサイトが収入を生んでくれる、これ以上の興奮と感動はありません。あなたのウェブサイトを、収入を稼ぎ出すクールウェブに!

最終結論!ドメインとレンタルサーバの最適解!
世界に一つしかない、「あなただけのサイト」を持つためのアドバイス決定版!ドメイン取得の裏事情や、レンタルサーバを借りる際に考えるべきTipsを一挙大公開!

【オススメ本ジャンル別】
ウェブデザイン
HTML/CSS
インターネットマーケティング
SEO/SEM
ウェブサイト総論
アフィリエイト

【リンク集】
ホームページ作成に役立つリンク集
サイト作成のヒントは、きっとここにある!

相互リンク募集してます!
あなたのサイトとCROSS-STYLEを、相互リンクしましょう!ホームページ作成やアクセスアップ、SEOなどなど、インターネットに関わるサイトを大募集しています!

【メールはこちらまで】
「これの解説をもっと詳しく!」「これが分からない」「ここはこうしたら?」などなど、質問・感想・激励・叱咤・クレーム(笑)は、柊優にメールを!アドレスは、site(アットマーク)cross-style.comです。((アットマーク)の部分を@に直して送って下さい)

ワンポイント画像

更新が無いウイルス対策ソフトと言えば「ZERO」!
柊も使っているVaioTypeTがはソニースタイルで!
WebデザインにはAdobeソフトがオススメ!



クールなウェブデザインと圧倒的なマーケティングテクニックを手に入れる術、
全ては今、CROSS-STYLEから始まる・・・

Copyright (c) 2006-2009 CROSS-STYLE All Rights Reserved.