HOMEへ戻る 柊優プレゼンツ
SEO講座
HOMESEO講座>歴史が検索エンジン結果を左右する!?中古ドメインの真相

歴史が検索エンジン結果を左右する!?中古ドメインの真相

2007年に入り、急速に広まったSEO手法があります。

一つは、「日本語jpドメイン」という手法、
もう一つが今回ご説明する「中古ドメインによるSEO」というものです。

どういうものか、を簡単に説明します。
ドメインが個人で簡単に取得出来るようになってからはや10年近くが経ち、
その経過の中で、すっかり更新もされなくなったドメインサイトも多く増えています。

ここで、一つの単純なSEO対策が手法として知られるようになりました。
それは、「古いドメインは、Googleからの信頼度が高く、よって上位表示が狙える」というものです。

なぜ、上位表示出来るのでしょうか。
理由としては、中古ドメインは
「バックリンクがある」「有名ディレクトリサイトに登録されている可能性がある」
などが挙げられます。

この非常に単純明快な検索エンジンのアルゴリズムの中、
中古ドメインが売買される機会も非常に多くなって来たという訳です。

ちなみに、
この中古ドメインが「どの程度年を食っているか」という年数の事をドメインエイジと言います。

私は、別にこの手法自体悪いとは思ってませんが、
新しいテクニックが広まると、
その変遷過程で必ずといっていいほど、いくつかの問題点が出て来ます。

次項から、「じゃあ、どうやってそもそも中古ドメインって探すの?」という事や、
「中古ドメインって、ホントに大丈夫なの?」という疑問にお答えしたいと思います。


ドメインエイジを稼げ!中古ドメインの探し方。

ドメインエイジを経た中古ドメインを一体どうやって探すのか?
これ、実は結構難しいんです。

最も簡単でお金もかからないけども、手間が膨大にかかる方法。
それは、「Copyright 2004」などで検索する方法です。

Googleで試しにやってみると、
PDFファイルと英語表記のウェブサイトがやたらザクザク出てくるので、
「そんな方法アリですか!?情報商材を無料で読む方法!」で取り上げた
検索エンジンのオプション機能をフル活用して日本語のHTML形式のファイルのみにして下さい。

ただ、手作業でやったとしても、
「そもそも運営放棄されているのか」、それとも「まだ運営意思があるのか」なんて事は、
ウェブサイトをざっと見るだけではとても分かりませんし、
自分が気に入ったドメインがあったとしても、
年数の経っているドメインには愛着のある管理者も多いでしょうから、
「とりあえずドメインは更新しておく」という人も多いでしょう。

そこで、若干お金がかかるものの、70%程度の確率で
あらかじめある程度の狙いを絞ってドメインを獲得出来る方法があります。

それが、NetPlatzが提供するドメイン事前予約です。
ただ、このサービスはjpドメインのみらしいので、comドメインが欲しい人はこの手法は使えません。

あと、中古ドメインを探す方法がもう一つあります。
それがバリュードメインの提供するドメインオークションです。
ドメインの事前予約と違うのは、あくまでユーザー間のドメイン移動となる点です。
また、バリュードメインが扱っているドメインのみですので、
例えば、Whois Gaterwayで検索してムームードメイン
提供しているようなドメインであれば取れないという事になります。
(ムームードメインだと、表向きの登録者をペーパーボーイにする人が多いので、すぐ分かります)

ちなみに、ドメインオークションの注意書きは下記の通りです。

VALUE-DOMAINで管理されているドメインに限ります。
また、VALUE-DOMAINのユーザー様限定となります。
VALUE-DOMAINのユーザー名の提示のみで出品、落札できます。
VALUE-DOMAINに対しての手数料はかかりません。
ユーザー様同士でのやりとりになります。
基本的にVALUE-DOMAINが仲介に入ることはございません。
期限が切れているドメイン(復活できる可能性があるドメイン)や、
出品時に期限が切れていない状態でも落札時に期限が切れるドメインには、十分ご注意ください。
現在の所、汎用JPドメインにおいて、登録者番号下に複数のドメインがある状態で、
その中の1つのドメインだけを出品する事はできません。(ドメイン移転申請が必要なケース)
汎用JPドメインの場合、登録者番号ごと、落札者に移動します。十分、ご注意ください。
WHOIS情報は出品前に変更、確認しておいてください。そのままの情報で落札者に提供されます。
落札は自動で行われ、取り消しはできません。

また、バリュードメインの直近の出品ドメインはここで見れます

他に、ドメインエイジ自体を知る方法としては、Domain Age Toolというサイトで見れます。
年数を知っておかないと、そのドメインの価値は見えませんからね。


ブラックリストに載っていないか!?中古ドメインは博打?

中古ドメインは良い事ばかりではありません。

例えば、「ドメインに意外な落とし穴?過去を洗え!」で述べた事がありますが、
過去にろくでもない事をしていて、Googleから弾かれているようなドメインを購入しても、
当然、そこには何の意味もない訳です。

ちなみに、グーグルでスパム扱いされていないかどうかは、
Google Banned Toolというサイトで調べる事が出来ます。

また、過去の膨大なサイトをキャッシュ化しているインターネットアーカイブ
事前に過去どのようなサイトが運営されていたのか、を知っておく必要もあるでしょう。


これら、プラスマイナス面を調査してようやくドメイン購入に至るべきです。
というのも、価値のそれ程無いドメインであるにも関わらず、
中にはこの時流に乗ろうと数万円の高値で売りつけようとするドメイン販売業者もあるからです。

私なりの結論ですが、
別に中古ドメインをわざわざ買わなくても、
(よほど良いものなら別ですが、実際中身はほとんど分からない事が多いでしょう)
新ドメインを取得して自分で大きくしていく方が結局手間がかからないと思います。

Topics:中古ドメインのさらなるお勉強は、、、
私は、中古ドメインを実際に購入した事はないので、経験則では語れないのですが、
より勉強したいのならば、その名もずばり「ドメインエイジ」というサイトがあります。

おそらくこれだけ水面下で(もう水面から出ているかも知れませんが)
中古ドメインの売買が行われていると、グーグルなどの検索エンジンサイト側も
単純なドメインエイジという観点を見直す時が来るのではないでしょうか。
だから、勉強するにせよ、ほどほどで良いと私は思います。

(追記)
予想通り、見直しが始まりました。
08年後半、ヤフーはサイトが消滅しているが、
カテゴリからリンクが貼られているドメインを一掃しました。
また、各検索エンジンは所有者変更・IPアドレス判別等も取り入れ、
厳格にドメインエイジを運用出来るよう、改善を始めています。

次の講座は、

【CROSS-STYLEとは】
「ウェブデザインとインターネットマーケティングの繋がりを解説したサイトがこれまでにあっただろうか?」
CROSS-STYLEは、そんな小さな「?」から生まれた、クールなウェブデザイン講座とネットマーケティング・SEO講座をメインとしたサイトです。

【お役立ちツール一覧】

【Googleサイトマップを簡単に作る方法】
サイトマップラス(100ページ以下のサイトのみ)

Powered by SEO対策

500ページ以下のサイトは、Googleサイトマップの登場による、SEOの大変革の一番下に記載したGoogle Sitemap Generatorを活用下さい。


【外部リンク先を知る方法】
Yahoo!Site Explorer(yahoo.com)
Yahoo!でどこからリンクされているかを知る方法。
グーグルは、グーグルアカウントを取得し、ウェブマスターツール>サイト選択>サイトへのリンク、で外部リンクを確認出来ます。


【検索需要の総数を知る方法】
キーワードアドバイスツール(無料登録ドットコム)
オーバチュア(現在消滅)情報を元に、需要と供給の指数であるKEIを知るためのツール。
キーワード最適化ツール(グーグル)
グーグルによる「検索用語」についての情報を知るためのツール。


【超速で上位表示を可能にする魔法】
Yahoo!ビジネスエクスプレス
「ヤフカテ登録サイト」になれる!
クロスレコメンドJエントリー
カテゴリ登録申し込みをして、ウェブの更なる価値向上を!個人非営利サイトでもOK!


【オススメアフィリエイト】
A8.net(ジャンルの豊富さNo.1!)
バリューコマース(何故か成約率高し!)
リンクシェア・ジャパン(大手企業がズラリ)
アクセストレード(稼ぎ頭と言えばココ!)
バナーブリッジ(2ティアを狙うなら!)
アドリンク(ちょっとだけマニアック?)
インフォカート(情報商材を売るなら!)

【CROSS-STYLEの人気コンテンツ】
アフィリエイトでプラス10万円を目指す旅
自分の大切なウェブサイトが収入を生んでくれる、これ以上の興奮と感動はありません。あなたのウェブサイトを、収入を稼ぎ出すクールウェブに!

最終結論!ドメインとレンタルサーバの最適解!
世界に一つしかない、「あなただけのサイト」を持つためのアドバイス決定版!ドメイン取得の裏事情や、レンタルサーバを借りる際に考えるべきTipsを一挙大公開!

【オススメ本ジャンル別】
ウェブデザイン
HTML/CSS
インターネットマーケティング
SEO/SEM
ウェブサイト総論
アフィリエイト

【リンク集】
ホームページ作成に役立つリンク集
サイト作成のヒントは、きっとここにある!

相互リンク募集してます!
あなたのサイトとCROSS-STYLEを、相互リンクしましょう!ホームページ作成やアクセスアップ、SEOなどなど、インターネットに関わるサイトを大募集しています!

【メールはこちらまで】
「これの解説をもっと詳しく!」「これが分からない」「ここはこうしたら?」などなど、質問・感想・激励・叱咤・クレーム(笑)は、柊優にメールを!アドレスは、site(アットマーク)cross-style.comです。((アットマーク)の部分を@に直して送って下さい)

ワンポイント画像

更新が無いウイルス対策ソフトと言えば「ZERO」!
柊も使っているVaioTypeTがはソニースタイルで!
WebデザインにはAdobeソフトがオススメ!



クールなウェブデザインと圧倒的なマーケティングテクニックを手に入れる術、
全ては今、CROSS-STYLEから始まる・・・

Copyright (c) 2006-2009 CROSS-STYLE All Rights Reserved.